利用の手引き

この手引きは、本学学生のためのものです。学外者の方は「学外者への公開について」をご覧ください。

開館時間と休館日

開館時間

午前9時~午後8時
但し 5月より当面の期間は、午前9時~午後5時までとなります。

休館日

※詳細は附属図書館カレンダー(トップページ)をご確認ください

入館と退館

入館手続き

手荷物がない場合は、手続きは必要ありません。カバン等がある場合は、カウンターで学生証と入館証(ロッカーの鍵)を交換します。館内へ持ち込めるものは、筆記用具?ノート?図書(雑誌を含む)だけです。

退館手続き

必ずロッカーの鍵を閉めてから、カウンターで学生証と交換してください。

貸出と返却

貸出手続き

借りたい資料と学生証を提示してください。貸出期間は2週間、貸出冊数は10冊までです。

なお、4年次生の貸出期間は1ヵ月間、貸出冊数は10冊までです。

資料の返却が遅れた場合は、遅れた日数分貸出を停止しますので、注意して下さい。

図書?雑誌の探し方

配架場所

図書は、日本十進分類法により主題別に分類して順番にならべています。雑誌は、原則的に新着1年分を1階に和雑誌は分野別、洋雑誌はアルファベット順に並べています。それ以前のものは地下2階に、それぞれアルファベット順に並べています。

OPAC (蔵書検索システム)

キーワードを入力して、検索開始ボタンをクリックしてください。検索結果に?配架場所?分類番号?著者記号が表示されます。

AVルーム

DVD?ブルーレイディスク?ビデオテープ?カセットテープを視聴することができます。利用の際は必ずカウンターでヘッドフォンを受け取って下さい。

複写サービス

図書館の図書(雑誌?新聞)は著作権法で定めている範囲内でコピーすることができます。図書館の図書?雑誌をコピーしたい時は、カウンターで手続きをしてください。

また複写の際は、文献複写申込書をお書きください。

図書館のコピー機では図書館の蔵書以外のもの(レジュメ、レポートなど)を複写することはできません。

他館との協力

読みたい論文?記事の掲載雑誌が本学にない場合、他大学等の図書館からコピーを取り寄せることができます。また、図書(書店で入手できないもの)を借りることもできます。複写料と郵送料は申込者の負担となります。奈良県立図書情報館の資料は、無料で取り寄せることができます。一部の県内市町村図書館からも無料で資料を取り寄せることができます。

図書購入希望

学習?調査研究を目的として、附属図書館に所蔵していない図書の購入希望を申し込むことができます。附属図書館で配付している「購入希望図書申込書」に必要事項を記入して、職員に提出してください。学生1人につき、年度内5冊まで申し込みできます。(1万円以内の図書に限ります。)
図書購入の可否は、図書?研究委員会で図書の必要性、優先順位などについて審議したうえ、図書館長が決定します。趣味性の強いもの、新書や文庫など安価なもの、雑誌などは購入できません。

365足球投注app下载_365足球平台@附属図書館 〒630-8258 奈良市船橋町10番地 TEL: 0742-93-5294  FAX: 0742-93-7455

Copyright (C) Nara Prefectual University Library. All rights reserved.